ボトックスの副作用が気になる人必見【ドクターを選ぶのもポイント】

サイトメニュー

ワキの汗は注射で改善

女医

気になることも知れば安心

これまでは切って治すことが多かったワキの多汗症も、ボトックスを注射すれば切開不要で改善できるようになりました。この治療ではアセチルコリンに働きかけて発汗をブロックするのですが、ワキから汗が出なくなっても健康面に副作用は現れないので安心です。基本的に発汗は体温調節のために必要とはいえ、ワキにある汗腺は全身に対してわずか2%程度とされています。ワキの汗腺を止めてもほかの汗腺に汗が分散していくため、とくに副作用につながらないのが理由です。ボトックスのワキ治療を受ける際は、覚えておくと心配ごとが1つ減りますので、頭の片隅に留めておくと良いでしょう。また、ボトックスをワキに注射した後は、治療部位が虫刺されのような状態になり、小さく膨らむといった副作用があります。1つの点は小さいのですが、ワキに分散して注射するため、最終的にはワキが白っぽく腫れた感じに見えるのが一般的です。ただし白い腫れなのでそれほど目立たず、虫刺されのような膨らみも施術を受けてから1時間から2時間前後で自然におさまってきます。翌日には消えているので学校や職場へもノースリーブで通えますが、もしも気になる場合なら、施術当日はノースリーブを避けておくと良いかも知れません。ワキにボトックスを注射する場合は痛みも気になる副作用ですが、これは美容整形外科や担当ドクターの技術によっても変化するので、治療先選びの基準になります。ボトックス治療を注射器で行うのはどのクリニックも一緒でありながら、使用する注射針のサイズは各院で微妙に違うのです。細い針ほど痛みは少なくなる反面、担当ドクターには優れた注射テクニックが求められるようになります。患者が感じる痛みを少しでも下げようと拘っている美容外科では、極細針を採用する傾向があるので、その点から選ぶのも名案です。もしも注射針のサイズが案内されていればそれに着目するのが良く、Gと表記されるゲージ数が大きいほど細いことを表しています。32Gや34Gであれば数ある注射針の中でも相当細いクラスですから、刺す際の痛みといった副作用もかなり軽減できるのです。美容外科によっては別料金でチェンジできる場合もあるため、クリニック選びではオプション関連にも目を通しておくと良いでしょう。そして注射の痛みは薬液の注入圧にも関係しており、一気に注射すれば圧力が加わるので痛みが増します。同じ治療でも医師によって痛みに差が出るのはこのためでもありますから、経験豊かでゆるやかに注射してくれるドクターを選ぶのもポイントです。

注意もいる整形手術

医者と看護師

お肌のシワなどに良く使われるボトックスは安全性は高いですが、副作用が起こる可能性もあるので注意がいります。手続きは最初にカウンセリングをして問題点などを話し合い、契約書を作れば必要な治療を受けられます。

詳しく見る

簡単な仕組みになっている

注射器

ボトックスの仕組みは簡単です。施術を受ける前に調べてみましょう。また、副作用が出ることもあるので、どんな症状が出るのか調べておくことも大事です。それから費用に関しても比較しておきましょう。部位や施術内容で異なります。

詳しく見る

トラブルのないプチ整形

看護師

ボトックスはボツリヌス菌の毒素を元に作られていますが、多くの治療実績があり安全性の確認されている医薬品です。副作用を防ぐためには、解剖学的な知識が豊富で注射の技術力が高い医師に施術を受けることが大切です。

詳しく見る

施術目的を明確にする

女性

ボトックス施術は手軽で人気がありますが、副作用が出ることもあります。どんな副作用が出るのか、施術を受ける前に調べておきましょう。また、施術の目的を明確にしておくことも大事です。目的によって施術法が異なることもあるからです。

詳しく見る

人気記事

看護師

トラブルのないプチ整形

ボトックスはボツリヌス菌の毒素を元に作られていますが、多くの治療実績があり安全性の確認されている医薬品です。副作用を防ぐためには、解剖学的な知識が豊富で注射の技術力が高い医師に施術を受けることが大切です。

女性

施術目的を明確にする

ボトックス施術は手軽で人気がありますが、副作用が出ることもあります。どんな副作用が出るのか、施術を受ける前に調べておきましょう。また、施術の目的を明確にしておくことも大事です。目的によって施術法が異なることもあるからです。

Copyright© 2018 ボトックスの副作用が気になる人必見【ドクターを選ぶのもポイント】 All Rights Reserved.